マイホーム

「くらそうね」のレビュー!空き家解体を85万円安くした方法とは!?

投稿日:

どうも、もっすんです。

今回は、空き家を安く解体したいと考えている方にぜひ知ってもらいたいお話しです。

実際に僕が空き家を解体した際に、85万円もコストカットできたので、とてもオススメの方法。

さっそく、僕がどのように解体費用を抑えたのかお話ししていきます(^^♪

 

 

「くらそうね」を使ってみた!もっすんの空き家解体<体験談>

まず、空き家の解体を考えている方は、すでに自分の実家や親の実家が空き家になっているので解体したいというケースが多いと思います。

実は僕はそうではありません。

新築用の土地を探していたら、偶然にとてもいい立地の古家付き土地(上物あり土地)を見つけて、購入したからです。

※古家付き土地とは、
古家付き土地とは、中古住宅として販売されている物件と異なり、経済的な価値がほぼない住宅が建つ土地を言います。古家付き土地は、古家の解体費用が掛かることを踏まえて、更地よりも土地の価格を下げて販売されていることが一般的です。
出典:LIFULLホームズ

僕が見つけた土地の売り出し条件は

  • 古家あり
  • 価格1380万円
  • 更地渡し

土地の予算は1300万円までと考えていたので、若干オーバー(/_;)

なんとか安く買えないかと考えた結果、行き着いた解決策が

「現状渡し」にしてもらうこと

現状渡しなら、売り主は解体費用を負わなくていいので、値引き交渉に応じてくれると思ました。

 

古家付き土地は解体費を抑えれば格安物件に

さっそく不動産に交渉を依頼すると、

なんと「現状渡しなら1210万円」

とすぐに返事がありました。

おそらく土地の売り主が負担する解体費が170万円なのでしょう。

(1380万円-1210万円=170万円)

つまり

解体費用を170万円以内に抑えることができれば、実質的には土地価格の値引き成功です。

ここから、とにかく解体費用を安く抑える方法をネットで探しました。

 

「くらそうね」で相見積りが高コスパ

僕が探した限り、解体費用を安く抑える方法は2つ

  1. 自分でできる限り解体・処分する
  2. 相見積りをたくさんとって、業者を競わせる

1つ目の手法はちょっと肉体的にキツイのと手間がかかり過ぎるので断念(/_;)

 

現実的なのは2つ目の相見積もりをたくさん取るという方法です。

ただ、どんな解体業者に見積もりを依頼すればいいのか、近所に解体業者があるのか、なんてわからないですよね?

空き家の解体を何度も経験している人なんてそうはいないと思うので当たり前です。

 

そこで、僕が超おすすめするのが「くらそうね」という解体費用の無料一括見積りサービス。

「くらそうね」というサイトに解体したい物件の情報を登録して、見積り依頼をすると、最適な業者をマッチングしてくれるというものです。

この方法なら時間も手間もかけずに、複数の見積りをゲットできるので、かなり効率的('ω')

 

「くらそうね」で相見積もり♪大幅なコスト削減!

僕は「くらそうね」で相見積もりを取って、業者に交渉した結果、85万円も解体費用を抑えることができました。

解体費を抑えたおかけで、新築の建物にお金をかけられるようになったので、今思えば本当に「くらそうね」を見つけてよかったです。

 

あなたも空き家を解体したいなら、不動産屋やハウスメーカーの紹介ではなく、一度「くらそうね」を使って、無料一括見積もりをしてみましょう。

少なくとも値引き交渉の材料にはなるはずです。

価格予想AIが瞬時に予想金額を算出してくれるので、「まずは相場が知りたい」という方にもおすすめ!

 

 

 

「くらそうね」の解体レビュー!口コミ通りの神サービス

ここからは、実際に僕がどんな手順で複数の見積りを取り、解体費を抑えたのかをお話しします。

まずは、「くらそうね」のサイトにアクセス!

すると、下の画面が出てくるので、「無料見積もり開始」をタップ

そのあとは、いくつかの質問に答えていきます。

わからないことがあってもおおよそで回答していきましょう。(最終的に解体業者が現地を確認してくれるので、間違っていても大丈夫ですよ。)

こんな感じでどんどん質問に答えていきます。

 

 

最後は、自分の個人情報を入力しました。

ここに書いているとおり、解体業者からの営業電話はこなかったです('ω')ノ

(1件だけ工事内容の質問を電話でしてこられた業者がありましたが、しつこい営業とかは一切なかったです。)

 

おすすめの解体業者が表示されたので、僕はそのまま進みました。

見積依頼は最大6社に出せますが、業者側の都合でキャンセルになることもあります。

そんなときは、見積業者を追加することもできます。

(僕の住んでいる地域は解体業者が少なく、追加はできませんでした。地域によるみたいです。)

 

現地でいろいろ聞いてみたいこともあったので、僕は見積もりの現地調査に立ち会いました。

もちろん、お忙しい方や、業者と顔を合わせるのが嫌な方は立ち会わなくても見積は出してもらえます。

また、電話番号を公開しなければ、メッセージ(くらそうねのマイページ上で使えるLINEみたいなもの)でのやり取りだけで済みます。

細かな要望もコメントに記入しておけば、対応してもらえるはずです。

「無料見積依頼する」をタップすれば、各社に依頼メッセージが送られます。

僕は見積の現地立ち合いを希望したので、メッセージでスケジュールの調整をして、現地で業者の方とお会いしました。

意外でしたが原則、土曜日も対応してもらえるので、平日お仕事の方でも見積の立ち合いはスケジュール調整しやすいです。

 

 

そして見積立ち合い当日。

(白の服の人と黒の服の人は別の解体業者)

緑のもじゃもじゃが解体を依頼する建物です。やばいことなってますね笑

見積りの立ち合いを1日で終わらせたかったの30分ずらして2社にお願いしていたのですが、結局同じタイミングで来られました。

ちょっとこれが失敗(´・_・`)

 

業者が出会ってしまうと、談合して同じような見積金額を提示する可能性もゼロではありません。

複数社に現地に来てもらう場合は最低1時間は間を空けましょう。

 

後は、「くらそうね」のマイページに見積書が送られてくるのを待つだけ。

急いでいると業者に伝えていたので、3日で見積もりが出てきました(^^♪

1社だけ群を抜いて安い!!

これだけの差が出るんですねー( ゚Д゚)

この結果を見て本当に相見積もりの重要性を実感しました。

最後は、不動産屋から紹介してもらった業者と競争してもらって、なんと85万円になりました。

もし、僕が「くらそうね」を使わず一番高い業者(176万円)と契約していたら、90万円も損していたわけです( ;∀;)

 

「くらそうね」を使って85万円土地を安く手に入れた

更地渡し1380万円の土地を、解体費僕持ちで1210万円にしてもらってたので、実質的には土地を1295万円で手に入れることができました。

(見事に予算内!笑)

つまり、解体費を抑えたおかげで85万円も安く土地が買えました。

(1380万円-1295万円=85万円)

 

「くらそうね」を使って本当に解体費用は業者によって千差万別だと思いました。

もし、あなたが今空き家の解体を考えているなら、絶対に数社の見積もりを取ることをオススメします。

「くらそうね」なら簡単に相見積もりがとれるので、1度使ってみてはどうでしょうか?

\もちろん無料!営業TELもなし/

 

 

 

「くらそうね」に関するQ&A

くらそうねを実際に使って分かったことをQ&A方式でお伝えします。

ぜひご参考に。

 

本当に無料なの?後で請求されない?

完全に無料です。解体業者がくらそうねに対して、見積金額の10%程度を支払っているそうです。

 

業者からしつこい電話営業は来ない?

来ませんでした。基本的にはくらそうねのメッセージ機能を使ってやり取りします。もし、万一業者からしつこい電話があれば「くらそうね」のサポート窓口に連絡すれば業者に警告してもらえます。

 

解体業者はすぐに返事をくれるの?

解体業者によります。すぐスケジュール調整の連絡をくれるところもあれば、しばらく連絡のない業者も。ただ、連絡をとるように「くらそうね」が催促してくれます。

 

依頼した業者全てから見積もりを取れるの?

解体業者によっては、受けてもらえませんでした。その場合、見積依頼業者を追加することもできます。

 

見積もり取った後断りにくくない?

「くらそうね」が各業者にキャンセルの連絡をしてくれました。なので、たくさん見積もりをとっても断る手間は少ないです。

ただ、マナーとしてお断りの連絡はしたほうがいいと思います。

 

業者とやり取りするのが難しくない?

確かに専門用語などで説明されると難しいですし、施工方法も業者の提案通りでいいのか判断が難しいです。そんな時は、「くらそうね」のサポート窓口にメッセージを送りましょう。(電話でもOK)

一応18時までみたいですが、メッセージのやり取りが続いていれば19時ぐらいまで対応してもえました。

サポート窓口はサイトの使い方はもちろん、解体工事についても詳しいので分からないことも気軽に聞けるし、アドバイスもしてくれました。

 

 

 

 

空き家の解体費用を抑えて前向きなお金を使おう!

解体ってはっきり言って、もう不要なものを捨てるための作業ですよね。

捨てるものにお金をかけるのは本当にもったいない。

できるだけお金をかけずに済ませて、それよりも解体した後、新築やリフォームにお金をかけましょう。

そのほうが、きっとみんな幸せになるはず(^^)/

そのためにも、「くらそうね」の無料一括見積でコスト削減の可能性を探ってみてはどうでしょうか?

今なら口コミを書けばキャッシュバック!

\もちろん無料!営業TELもなし/

 

-マイホーム
-, , ,

Copyright© もっすんの<育児×家事×節約×投資>がんばるブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.